1. ライブラリを使用して、サービスをアプリケーションに統合できます。AIのみを使用している場合、エンドポイントにコールするとすぐにAIの回答が得られます。有人を組み合わせたハイブリッドプランでは、AI判定されたものを順次チェックします。
  2. モデレーターが画像の確認を終えたら、プロジェクト設定で設定したコールバックURLを呼び出して、回答をお知らせします。(推奨事項として、リプレイ要求を防ぐためにローカルでPOSMONIに送信された画像のステータスを追跡し、偽造要求を防ぐためにサービスを呼び出して結果を取得することをお勧めします)

回答が見つかりましたか?